ケアハウス 三愛荘

ケアハウスは老人福祉法に基く補助金制度があり、有料老人ホームに比べ安い料金で利用できます。
食堂、浴室等の生活上必要な設備を整え、相談助言などのサービスを提供しております。

さらに建物はバリアフリーで居室はすべて個室です。

プライベートな空間を守れて安心した生活を送っていただける高齢者用住宅です。
また要介護状態になられた時には、在宅介護サービスを利用し自立した生活を送っていただくことも可能です。
契約は施設と個人が直接行います。


【施設概要】

☑定員数 15名

☑居室  1人部屋

☑施設の様子


【提供するサービス】

☑食事 朝食 7:00~8:00 

    昼食 11:45~12:45

    夕食 17:30~18:30

☑入浴 月~土曜日の週6回入浴していただけます。

    13:30~17:00

    ※職員による入浴介助は行いません

☑生活相談     日常の相談事や各種福祉機関との連絡調整を行います

☑緊急時の対応  体調不良等による緊急時の救急車の手配や搬送、付き添い、

                    ご家族への連絡を行います 


【入所できる方】

 ・原則として60歳以上の方

 ・一人暮らしや高齢で不安を感じられ、ご家族等の支援を受けることが困難な方

 ・日常生活が基本的に自立されて生活できる方

【入所の流れ】

 ①ご利用者様より申込書に記入しケアハウスに直接申し込みが出来ます

 ②ケアハウス入所判定委員会で判定し決定されます。

 ③入所決定後、本人・ご家族様と利用規約を結びご利用となります。
  (事前調査等多少あり)


 【年間予定】

4月 花見会 1月 家族同伴新年会
5月  外食会 2月 節分
6月  クッキング

3月

ひなまつり
7月 七夕祭り 毎月 誕生会・お楽しみ献立
8月 納涼祭 週1回 選択食
9月 敬老祝賀会 月1回 お楽しみ献立
10月 合同文化祭 随時 クッキングクラブ
11月  寿司バイキング   スイーツバイキング
12月  クリスマス忘年会    

【よくある質問】

Q1 居室にはどのような設備がそろっていますか?
   トイレ、洗面台、調理設備、エアコン、カーテン、ナースコール、

   火災報知器、スプリンクラー、です。
   注:電話、ベッド、冷蔵庫は用意下さい。

     洗濯機はコインランドリーを利用下さい。
Q2 医師や看護師は配置されてますか、健康管理・介護がしてもらえますか?
   制度上、医師の常勤はありません。週二回、嘱託医の診察日を設けて

   います。
   看病に当たるスタッフはいませんのでヘルパーのご利用かご家族対応が

   基本です。

      健康管理は原則として自己管理ですが、年2回の健康診断を施設内で

   実施しています。

Q3 洗濯や掃除はしてもらえますか?
   原則として各自で行っていただきます。自分で行うのが困難な方は、

   介護保険でヘルパーをご利用されたり、

      家政婦協会を利用されておられます。

Q4 外出時には届け出が必要ですか?
   一般的には自由になっていますが職員にお知らせ下さい。

Q5 ケアハウスに入居するには、どのような費用がかかりますか?
   ケアハウスは福祉施設ですから、経費はあらかじめ下記のように決められています。
   1.事務費(補助) 
     事務費は施設を運営するための人件費、施設管理費などにあたるもので、

     入居者規模や単独か併設か、区域などによって少しずつ違っています。

     この事務費は前年度の所得に応じて徴収額が17段階に分かれていますので

     毎年所得の申告が必要になります。

 

対象収入による階層区分

事務費

生活費

管理費

合計

1

  1.500.000円以下

10,000

42,490

28,000

80,490

2

1.500.001~1.600.000

13,000

42,490

28,000

83,490

3

1.600.0011.700.000

16,000

42,490

28,000

86,490

4

1.700.0011.800.000

19,000

42,490

28,000

89,490

5

1.800.0011.900.000

22,000

42,490

28,000

92,490

6

1.900.0012.000.000

25,000

42,490

28,000

95,490

7

2.000.0012.100.000

30,000

42,490

28,000

100,490

8

2.100.0012.200.000

35,000

42,490

28,000

105,490

9

2.200.0012.300.000

40,000

42,490

28,000

110,490

10

2.300.0012.400.000

45,000

42,490

28,000

115,490

11

2.400.0012.500.000

50,000

42,490

28,000

120,490

12

2.500.0012.600.000

57,000

42,490

28,000

127,490

13

2.600.0012.700.000

64,000

42,490

28,000

134,490

14

2.700.0012.800.000

71,000

42,490

28,000

141,490

15

2.800.0012.900.000

78,000

42,490

28,000

148,490

16

2.900.0013.000.000

85,000

42,490

28,000

155,490

17

    3.000.001円以上

89,100

42,490

28,000

159,590

*事務費については、本人の所得(前年分)により算出させて頂きます。  

   2.生活費(自己負担)月額 42,490円
     生活費は食費にあたる費用で、食材や光熱、水道料が含まれます。
    (居室の電気代は自己負担)
 

   3.管理費(自己負担) 月額 28,000円(水道使用料含)
     ケアハウスでの管理費はいわゆる家賃に相当します。

   4.その他
     各自で使用する電気代は各部屋の個別のメーターにより算出し負担願います。
     暖房費(冬期加算)として11月~3月は毎月1,880円が別途必要です。

Q6 所得の申告にはどのような書類が必要ですか?

●年金・恩給・給与・財産収入・利子配当金・譲渡所得などの収入

 所得証明書と下記に該当する必要書類を提出して下さい

   公的年金(障害共済年金・障害年金・遺族共済年金・遺族年金通算遺族

  年金などを含む)

   確認書類:源泉徴収票 または支払額証明書・支払通知書・振込通知書

            年金額の改定通知書・通帳の写し・確定申告書など

私的年金

    確認書類:年金の支払証明書・支払年金額のお知らせなど

③給  与 

    確認書類:源泉徴収票・給与明細書など

その他(財産収入・利子配当金・譲渡所得・一時所得など)

     確認書類:所得税の確定申告書・支払証明書など

 

必要経費として認められるもの 

   租税(所得税・住民税・相続税・贈与税)

     注:固定資産税・自動車税などは含まれない

    確認書類:源泉徴収票・領収書・振込済みのお知らせ・

                   納税証明書など

    口座振替の場合は通帳の写しでも可)

    社会保険料 

    確認書類:国民健康保険料・国民健康保険税など 

    社会保険料に準ずるもの 心身障害者扶養共済制度の掛け金など

    確認書類:源泉徴収書・領収書・振込済みのお知らせ・

                  納税証明書など

        (口座振替の場合は通帳の写しでも可)

    医療費(保険金などで補填される金額を除く)

    確認書類:領収書 

  ⑤  介護サービスの利用料 

     確認書類:領収書(内訳確認ができるもの)

    その他(仕送り、やむを得ない事情による借金の返済など)

Q7 ケアハウスで退去になる条件はありますか?
  1. 他の入居者の生活、又は健康に重大な影響を及ぼす恐れがあるとき。
  2. 利用料等の支払いを怠って、その滞納額が3ヶ月分に達したとき。
  3. 不正の手段により入居したり、提出書類で虚偽の事項を申告したとき。
  4. 特別養護老人ホーム入所対象者程度の状態にもかかわらず必要な介護等を受けることができないとき。
  5. 原則として金銭の管理、各種サービスの利用について自分で判断できないとき。

Q8 ケアハウスの見学はいつでもできますか?
   事前に連絡をいただき、施設側で対応できる日にお願いしています。